自己処理 色素沈着 埋没毛

自己処理は危険!色素沈着と埋没毛の原因に!

ムダ毛を自己処理するのは好きなタイミングで行えて
お金も時間もかからないというメリットがありますが、
大きなデメリットがあることを知っておかなければいけません。

 

カミソリや毛抜きで何度も自己処理を行っていると、
その数だけ肌に刺激を与えていることになります。
その刺激から肌を守るために肌の下層の方でメラニンが生成されてしまうため、
色素沈着が起きやすくなります。
一度出来てしまった色素沈着はなかなか改善することは出来ません。

 

また、埋没毛も自己処理を行った場合にトラブルとして起こりやすいものです。
新しく生えてきたムダ毛が皮膚が蓋となって外に出ることができず、
皮膚の下で成長してしまっている状態のことで、見た目にも綺麗ではありません。

 

カミソリなどで自己処理を行うと見た目にはわかりませんが
皮膚に傷をつけてしまっています。
その傷を治すために皮膚が新しく出来てしまい、
ムダ毛が行き場をなくしてしまっているのです。
針などで皮膚からムダ毛を出すという方法がありますが、
傷をつけてしまったり炎症を起こして跡が残る場合があるので、
余計に悪化してしまう可能性があります。

 

自己処理を行うことでトラブルを起こし、
ムダ毛がなくなったとしても肌が見せられない状態になってしまうことも少なくありません。
トラブルを回避するためには、自己処理は行わないようにして、
サロンなどで脱毛を行った方が綺麗な肌を保ちながら脱毛を行うことができるでしょう。