全身脱毛 恥ずかしい

全身脱毛を受けたいけど恥ずかしい!それって私だけ?

脱毛サロンに行くと全身脱毛を受けることができます。
全身脱毛ではワキや腕、お腹、背中といった上半身だけでなく、
脚や指、ビキニラインなどムダ毛が生えているほとんどの部位が施術の対象となっています。
脱毛サロンで施術を受けることが初めてという方は、恥ずかしいという思いがあることも事実でしょう。

 

脱毛の施術を行うのは知識や技術を身につけたプロのスタッフですが、
やはり人に見られたくない部位の施術を受けることには抵抗があるはずです。
腕や脚などの部位なら恥ずかしいということはありませんが、
ワキや胸、おへそ周り、ビキニラインは特に恥ずかしい部位と言えるでしょう。

 

脱毛サロンに行くと専用の衣服に着替える必要があります。
もちろん衣服は脱毛部位がしっかり見える形になっており、スタッフが脱毛しやすい形でなければなりません。
ただ脱毛部位以外は見えないようにしっかりガードされるので必要以上に気にすることはありません。

 

ワキ脱毛の場合はワキの部分は大きく開いた形になっていますが、それ以外の部位は隠れています。
ワキだけでなく脚も背中も同じようにタオルなどで隠れますから心配は要りません。

 

最も恥ずかしい脱毛部位と言えるのがVIOラインですが、
この場合でも専用の下着を着用してから施術を受けることになります。
施術が始まってからも下着を取ることはなく、少しずつずらしながら部分的に施術を進めていきます。
VIOラインもワキや腕などの部位を同じように光を照射するという脱毛方法になるため、
照射する部分は隠したままでは施術ができません。

 

恥ずかしいと思うのは初めだけで、何度か施術を受けているうちに慣れてくるはずです。
多くの脱毛サロンでは、施術を行うのは同じ女性ですし、
ムダ毛が残ったままでいる恥ずかしさと比べれば何でもないでしょう。

 

施術を受ける際の格好については、それぞれのサロンによって違う場合もあります。
実際に行ってみると自分が思っていた格好と違うことも考えられるので、
事前にクチコミを見たり直接問い合わせをして確認しておくと安心です。