顔脱毛 化粧ノリ

顔脱毛すると化粧のりが良くなるなど、嬉しい効果が!

顔も、よく近づいてみれば多くの産毛が生えています。
そもそも毛というのは、人の体を守るために必要なものですから、
生えてくることはどうしようもないのですが、
化粧をするときには肌に塗っているつもりでも、
産毛の上にのせているだけという状態になってしまいます。
そうなれば、時間がたって乾燥したり、汗をかいたりした時に化粧崩れがしやすくなるのです。

 

顔脱毛で化粧ノリが良くなるというのは、
このような状態を解消して、肌に直接化粧ができるようになるからです。
ただ、顔脱毛をするときには、よくよく注意しなければ、トラブルの原因となります。
手足や脇などであれば、何かあったときに洋服で隠すことが出来ますが、顔は隠すことが出来ません。
それだけに、失敗しないようにする必要があります。

 

では、何をすれば良いのかというと、
光脱毛、レーザー脱毛でトラブルの原因となりやすい乾燥を防ぐことです。
肌が弱っているときに、施術をしてしまうと、
光とレーザーを照射したときのダメージが大きくなってしまいます。
普段から乳液や化粧水で十分に肌の水分を保持するようにしておきましょう。
それから、光脱毛、レーザー脱毛は毛根に含まれるメラニン色素を利用しているため、
日焼けをし過ぎると火傷の原因となります。
顔脱毛をする予定ならば、日焼け止めや日傘など日焼けを極力避ける努力をすることです。

 

なお、自分で処理をするときには、カミソリや毛抜きはやめておくことです。
手軽にできる分、肌へのダメージが強く、後々シミなどの原因となります。
同様にワックス脱毛も肌が弱い敏感肌の人には刺激が強いので、避けておくことが無難です。

 

それから、エステなどで施術してもらう時には、
知識と技術があるところならば、事前にカウンセリングと肌質の検査をしてくれます。
肌の水分量や敏感肌かどうか、というように
お客さんの肌に合わせた施術をしてくれるところを選ぶことです。
そのために、まずは電話やネットで無料カウンセリングをして、
どのような顔脱毛をするのか、その前の準備は十分かを確認しましょう。