脱毛サロン 医療脱毛

脱毛サロンと医療脱毛、何が違うのか分からない?

脱毛サロンと医療脱毛には大きな違いがあります。
それは、お値段と施術の痛みにあります。

 

医療脱毛では、医療資格のある医師や看護師でなければ施術を行うことができません。
高い出力の脱毛マシンを使うため、
医療資格がない人が扱ってはいけないと法律で決められているのです。
ですから、施術費用も高くなるのです。
また、医療機関なので、施術のたびに初診料や再診料も加算されるため、
脱毛以外の費用もかかってしまう場合も多いです。

 

そして、医療脱毛ができるクリニックは、
脱毛サロンの数に比べてかなり少ないというのが現状です。

 

脱毛サロンは医療機関ではないので、初診料や再診料など必要ありません。
また脱毛サロンの場合、チェーン展開しているところが多いので、
たくさんのお客さんに施術を行うことができるため、コストも安く抑えることができるのです。

 

また、医療脱毛が敬遠される理由の1つに、施術時の痛みがあります。
高い出力の脱毛マシンで施術を行うため、痛みも強く、
肌へのダメージを訴える人も少なくないのです。

 

一方、脱毛サロンの施術は、とても穏やかです。
脱毛サロンによっては、小さな子供さんでも施術を受けられるくらい
全く痛みのない脱毛を行ってくれます。
痛みがないので、お肌のデリケートなアトピーや敏感肌の方にもとても人気があります。

 

このように脱毛サロンの施術は痛みもなく、低料金です。
小さなお子さんや、学生さんでも無理なく通える値段設定と確かな技術で人気があるのです。