自己処理 肌トラブル

脱毛の自己処理を続けると起こる危険な肌トラブル!

時間をかけずにササッとムダ毛を処理したい、
あるいは誰にも見られないところで自分で処理したいという人は多いです。
そういう人たちから人気なのが、
お金をかけずに自宅で手軽に行える自己処理です。
しかしムダ毛がなくなり一見スッキリとしてキレイに見える仕上がりでも、
実は肌にとっては大きなダメージとなっています。

 

たとえばカミソリを使った場合、
刃先が肌に傷をつけないよう丁寧に行ったとしても、
皮膚の表面まで一緒に削っているのが現実です。
痛みは感じにくいため気づくことは少ないですが、
処理後に保湿をしても、そのダメージはすぐ回復することはありません。
こういった方法では毛の見える部分だけの処理なので、
時間が経てばまた生えてきますし、
その都度自己処理を繰り返すことでダメージによる肌トラブルが起こりやすくなるのです。

 

その肌トラブルで起こる一般的な症状は、
肌荒れやキメの乱れ、毛穴の開き、埋没毛、出血、
色素の沈着や黒ずみなどが挙げられます。
適切な対処にて改善することはありますが、
毛穴や黒ずみなど治りにくい症状であれば、さらに悪化する可能性も否定できません。
また、荒れなどが酷く痛みや赤みを伴う場合は、
改善するまで自己処理できなくなくなってしまいます。
せっかくムダ毛のないキレイな肌になろうとしているのに、
自分で肌を傷つけて美肌とは程遠い状態にしているとも言えるのです。

 

こういった肌トラブルはカミソリを使った自己処理だけでなく、
毛抜きや除毛クリーム、ワックス脱毛などあらゆる方法でも起こりやすいです。

 

毛抜きは毛根から毛を抜けたとしても、
その際周辺の細胞まではがしてしまいますし、
クリームやワックスなどは配合されている成分が肌に合わなければ、
荒れや乾燥などを引き起こしてしまいます。

 

これらのように、どういった方法を用いたとしても肌トラブルのリスクは潜んでいると言えるのです。
トラブルは肌の老化を早める原因にもなるため、
いつまでも美肌でいたいという人は自己処理をやめ脱毛を検討することが大切です。