脱毛 保湿

脱毛には保湿が絶対必要!その理由とは?

無駄毛処理の方法は色々ありますが、自己処理は面倒なものです。
剃るにしても、抜くにしても、
処理後の肌はとてもきれいとは言えない状態になってしまいますし、
傷がついたり肌荒れしたりと、
せっかく処理したのに余計に見た目が汚くなってしまう可能性があります。
処理すればするほど肌の状態は悪くなっていくので、
できれば何もしたくないところです。
そうなると、やはり脱毛サロンなどに任せてしまうのが一番良いです。

 

脱毛は、一度完結すれば、
それから当分の間は何もしなくても毛が生えてこなくなります。
どこで施術を受けるかというと、
勿論エステや美容クリニックに通うのがベストなのですが、
そんな時間がないというなら家庭用の脱毛器で自分で施術することもできます。

 

どちらにしても、黒い毛根に反応して破壊するレーザーを照射する方式なので、
出力に違いはあれ、根気よく続ければ綺麗に毛を無くすことが可能です。

 

ただ、特に自分で脱毛したい場合にはどうしても気を付けてほしいことがあります。
それが、他でもない保湿なのです。

 

大体保湿は肌ケアに欠かせないものとして認識している方が多いですが、
脱毛するのなら、施術前も後も絶対に保湿は怠ってはいけません。
なぜかというと、肌の水分量が極端に少ないと、
施術にあたって火傷や激しい乾燥などのトラブルが起こるからです。

 

専門のサロンでは水分量を測定するので、施術してもらえない可能性もあります。

 

また、トラブルが起こるだけでなく、水分量が少なすぎるとレーザーの効果が出にくく、
なかなか思うように毛が抜けないということもあります。
肌の水分量が少なすぎる状態というのは、肌が健康でないということですから、
まずは健康な状態にしてからということですね。

 

そして、脱毛後の保湿も大変重要です。
施術後の肌は毛穴が開きやすく、
外的な刺激にとても弱くなっていますから、
水分量を高めて肌を保護する必要があります。
水分でバリアしてやらないと、肌荒れしたり、
シミができたりするトラブルに見舞われることになります。